読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術メモ

業務で調べたこととか...

古いAndroidアプリの申請

古いAndroidアプリ(Eclipseで作成)をバージョンアップして申請する際の流れを。

0. GooglePlayDeveloperへの登録

省略

1. 「AndroidManifest.xml」の修正

android:versionCode」「android:versionName」の値を更新する。
外部ツールの認証を開発用とリリース用で分けているのであれば、リリース用のAPIキーに差し替える(GoogleMapsAPIのキーとか)。
そもそも、プログラム側で判断する仕組みをつくっておけという話ではある。

2. apkファイルの作成及び動作確認

apkファイルとは、Androidアプリのプログラム、設定、画像、開発者の署名などが入ったファイルのことです。これがあれば、Androidでアプリを実行することができます。



(apkファイルは作成済みという体で)該当プロジェクトを右クリック[Androidツール][署名アプリケーション・パッケージのエクスポート]を選択する。
表示されるウィンドウにしたがって、Keystore(デジタル署名)のパスとかパスワードとかエイリアスを設定する(同じ内容の署名で作成したapkファイルでないとアップロードできないため、Keystoreとかパスワード等の管理は適切に行う)。
最後に、apkファイルの出力先を指定する(出力先のパスに日本語が含まれているとエラーが出るので気を付ける)。


(該当アプリをインストールしたうえで)実機をPCに接続しADT側に認識されていることを確認する。
apkファイルの出力先でコマンドプロンプトを立ち上げ、「adb install -r ~.apk」を実行する。
実機にapkファイルが読み込まれるので、アプリが起動したら動作確認を行う。

3. アプリの申請

GooglePlayDeveloperにて該当アプリの設定画面を開き、アプリの説明(概要、キャプチャ等)、価格と販売/配布地域を更新したうえで、apkファイルをアップロードする。